こんにちは、
ヴィーナスの愛を引き継ぐヒーラー、愛夢です。


今回は思いが伝わらずに起きる怒りについて、
お話してまいります。


会社で、上司、または部下や後輩と、ですか。
または、恋人、または友達との関係、ですか。
あなたの気持ちが伝わないことへの辛さは、
想像以上に大きいものだと思います。


そこから起きる感情はいろいろあると思います。
いら立ちですか、それとも悲しさ、ですか。


全てとは言いませんが、いら立ちや悲しさが
段々と積み重なっていくと、それが「怒り」に
変わっていくものだと思います。


どうして言うことを聞いてくれないの?
決められたルールを守って欲しい!
自分の努力が周りに理解されない!
なかなか目標を達成できない!


そういった思いが積み重なって、
あなたに大きなエネルギーが入っていきます。
その一つに「怒り」があります。


「怒り」は大きなエネルギーを必要とされます。
その怒りを私の中で見る機会がありました。


多くの人をリーディングするうちに気づいた、
大きな力を持って動かしたいという思いがある
という気持ちがあることに気づきました。


そして、その怒りを、発散する場に困るものの
どうしても発散はしたい、状況を変えたい、
気持ちを伝えたいという思いが強くなり、
結果的に相手へぶつける状況です。


受け止めた相手も、よほど準備していたり、
よほどの余裕が無ければ、怒りを受け止める
ことというのは難しく、相手の感情に傷がつく
ことになってしまいます。発散方法を変えます。


あなたが、思いが伝わらずに起きる怒りを、
他の人にぶつけてしまうことが多いなら、
改善させることが重要です。相手にぶつけるより
目標やものごとにぶつけるのが賢明です。


抑えられない怒りがあるならば、感情の上で、
まずは消化します。そして、どうしたいのか、
何をしたいのかをじっくり考えましょう。
紙を出して実際に書いてみると良いと思います。


あなた自身で消化できるなら、どうすれば、
目標を達成できるのか、状況が変えられるのか、
じっくりと考えてみると良いと思います。


相手との行き違いやトラブルなどで怒りが
起きていたなら、何が問題なのか、解決できるか
または諦めたほうがいいのかを、しっかりと
見極めていくことが必要になってきます。


多くの人をリーディングした経験から見ても、
実際に怒りをぶつける姿を見ても、あまり良い
結果を得られずに、お互いに傷だけが残ります。


思いが伝わらずに起きる怒りについては、
発散や処理の仕方に気を付けるといいでしょう。
逆に、あなたの目標や思いに対しての追い風に
なるかもしれないので、上手に活用しましょう。


今回の記事を、参考にしてみてください。


これからも、あなたの幸せを
サポートするものをお伝えしていきます。


このブログが気に入ってくださりましたら、
「”ctrl”+”d”」でお気に入り登録ができます!